お金の貸し借りはいけません?ほんとにそう?

今日は日曜の朝から、秋葉原でお金の勉強会に行ってきました。

お金の教育といっても、株式投資や不動産の方法論を学ぶのではなく、お金の考え方を学ぶことです。

興味深い教育の中で面白かったのは、お金の貸し借り。

私は親から、「お金の貸し借りはいけません」と教えてもらいました。

たしかに交友関係にお金が入ると、なんだか不純になる気がする。面倒なことが起きそうだ。

 

しかし別の見方もある。

お金を借りる人は、それで信用を失う。

お金を貸す人は、それで信用が上がる。

だから、信用を上げる手っ取り早い方法は、お金を貸すことだという。

 

信用は最も重要なパラメータだ。

お金を貸してくれと言われて、あなたの親友Aにはいくら貸せる?

私の親友Aになら、300万は貸せる。信頼しているし、彼のために何かしたいからだ。

最近仲良くしている友人Bにはいくら貸せる?

正直この人には10万が限度だ。

親友Aは10年来の付き合い。だから300万出せる。

友人Bはそこまで長くはない。そしてどのような人格なのか、深くは知らない。

だから返ってこなくてもまだ許せる10万が限度だ。

自分がお金に困ったとき、どれだけ貸してくれる人がいるのか、それが信用だ。

この人たちがいれば、正直、貯金は必要ない。

超低金利の銀行に預けなくても、がんがん投資にまわし、お金を増やすことができる。

信用があるだけ、お金に自由になれるのだ。

 

そう考えると、お金を貸すというのは「あり」な気がする。

10万貸す。返ってこない。お金を失う。

10万貸す。返ってくる。信用は上がる。

信用を上げるのはかなり大変なことだ。多くの労力・時間を要する。

しかし、10万でそれを得られるならば安いと考えるのも「あり」かもしれない。

お金を返さないような人間になら、もともと信用を受けても意味がない。

しっかり返してくれる真摯な人から信用を得られるのは、大きなことだと思う。

 

仮に自分がお金に困ったとき、友人Bはいくら貸してくれるだろうか。

前10万貸したから、10万?

いや、その友人Bが一番苦しい時に10万貸したのだ。それ以上に信用を上げることができたと思う。

ポーンと100万貸してくれるかもしれない。

10万の貸しが、100万の借りを生んだのだ。

信用とは無限の可能性のある資産なのである。

コメントを残す




Menu

HOME

TOP