マルチの説明会場で思い出しました。なぜ今の仕事を選んだのかを。

2017年1月24日

マルチ「リゾネット」に行ってきました

 

そんなわけで長い時間拘束され、説明会や懇親会にも出てきました。

そこでの成功者たちは口をそろえて言います。

「退屈な仕事から解放され、自由を手に入れ本当に幸福だ」

私はこの言葉に疑問を持ちました。

 

今の仕事は退屈で苦痛?


 

仕事は退屈。彼らは口を揃えてそう言います。

そうした人もいるかもしれません。

しかし私は決意と情熱をもって、今の仕事の世界に飛び出しました。

親に大学まで出してもらったのに申し訳ないとまで言いました。

そうして選んだ仕事を退屈と?

なぜそう決めつけるのか?

あんたが適当に仕事を選んだから退屈だったのではないのか?

 

今の仕事は社会に対し大きな価値を生み出しています。

責任感が重いと感じるときもあるけど、やりがいもあります。

金銭とは社会に与えたサービスに応じて受け取るものです。

旅行に行って遊んでいるだけのあんたが、社会に何を生み出してるって?

 

しかしおかげで今の仕事を始めた時の熱い想いを思い出しました。

最近は、上司のくだらない話や思い通りにならないことも多かったので、疲れていました。

辞めて他に行こうかな。。と弱気になった時もありました。

まさかそうした気持ちがマルチの会場で払拭されるとは思いませんでした。

#* 1 *#

ほんとに退屈な仕事をしている人は危険


 

私は今の仕事に満足しているからよいです。

しかし、ほんとうに今の退屈な仕事に不満を持っている人は、コロッといってしまうでしょう。

それほどあの空間の持つ引力は大きいです。

今の自分は本当の自分じゃない!

なにかできる気がする!

そんな気持ちになってきます。

 

なぜ、今の仕事を選んだのか。一度初心に戻ってみるのもよいかもしれませんよ

スポンサーリンク