【ビジネスアイデア】LINEのメッセージを代行して考えるサービス

こんにちわ。
王道の路側帯を歩くブロガーのniseromeroです。

古くは電話。そしてメール。
伝達手段は時とともに変化してきました。
そして今はLINEです。
もはやLINEなしでは連絡を取り合うのも大変です。

電話と違い互いの時間が合う必要もないし(非同期性)、メールより機能が豊富。
LINEによってこれでより相手と連絡が取りやすくなりました。

これまでのコミュニケーションツールをおさらい

しかしLINEが発達することで、相手と親密になりやすくなったのでしょうか。

電話ができる前は手紙でやり取りをしていました。
そうした手紙の冒頭は

「直接伺うことができず、手紙で失礼します」

と書かれていたそうです。
顔を合わせないコミュニケーションは失礼な行為だったのです。

さらに電話が登場しました。
電話は相手の都合を考えず、一方的に相手に割り込んでくる最低のコミュニケーションツールだと思います。
顔を合わせることすらしないし、基本的にかける側の都合優先です。

昨今だいぶ電話を必要とする場面が減ってきたので、個人的には良いことだと思います。
電話は緊急性を要するとき以外は、使われるべきではないと思います。

そしてメールの時代に入ります。
メールはインターネットの根幹をなすサービスです。
メール、そしてWebでインターネットは発達してきました。
今後も無くなることはないでしょうが、いかんせんめんどくさい。
プライベートならまだしも、「ビジネスメール」なんて書くのも面倒です。
1対1ではLINEとあまり変わりませんが、グループ機能の弱さ、迷惑メールの多さなど不便なことは多いです。

LINEは言語コミュニケーション

ほんとにLINEは便利です。
知らない人との連絡先交換もスムーズで、どんどん「友達」が増えていきます。

しかし「友達」が増える反面、すぐに切れる「友達」が多くなっている気がする・・
なんか知らんがブロックしてくるやつ、既読無視するやつ・・

文字のやり取りの、たったひとつの答え方の間違いでブロックされることも。

失礼すぎやしないか?

コミュニケーションとは心のやり取りだと思います。
その心のやり取りをするコミュニケーションには2つあります。

 

言語コミュニケーション

言葉・文字によるコミュニケーション

非言語コミュニケーション

外見・しぐさ・声の抑揚・態度・感情によるコミュニケーション

 

人間が誕生して数万年。
言語コミュニケーションができたのはここ数千年の話です。
それまで人間は非言語コミュニケーションだけで生活していました。
数万年前の人間も今の人間も遺伝子的な相違はほとんどありません。
すなわち今の人間も非言語コミュニケーションが得意なのです。
一説にはコミュニケーションの9割は非言語コミュニケーションで決まるとか。

LINEは文字によるやり取りなので、言語コミュニケーションにあたります
そんな文字だけのコミュニケーションで9割をカバーしようとしているのです。
顔を見ることも声を聴くこともできません。
自分がいつ、どこで、どんな気分でメッセージを送ったのかで意味が変わります。
また相手がいつ、どこで、どんな気分でメッセージを読んだのかでも意味のとり方が変わります。

これではミスコミュニケーションが起こっても仕方ありません。

Pairsをやっている時「しっかりとメッセージ交換をして、相手をよく知ってから会いたい」という女性がいました。
言語コミュニケーションで相手をよく知ることなど不可能です。
相手が自分を完璧に表現する語彙力・プレゼンテーション能力があることが前提です。
また自分も相手の真意を引き出す質問力、行間を読み解く読解力が必要です。
彼女はそれができるのでしょうか。
(そっこうで既読無視されましたが。彼女に自分の何が分かったのか?)

LINE代行サービスを提案

残念ながら、非言語コミュニケーションはあまり重視されず今は言語コミュニケーション全盛期です。
私はあまりこの流れは好ましくないと思っていますが、それに逆らっても無意味なことです。

言語コミュニケーションはとてつもなく難しいです。
伝えるためには語彙力・表現力・適切な顔文字の選択など必要なものは多い。
また伝わる側も、語彙力・読解力・分析能力が必要です。
これらが抜け落ちると意図が正しく伝わらないため、ミスコミュニケーションが発生します。

しまいにはLINEのテクニック集という情報商材も出てきました。

「LINE 情報商材」で検索
もう誰もがLINEでは意図が伝わらないと感じているのでしょう。

もう自分でメッセージを作るのはやめましょう。
文章のうまいプロにお任せするのです。

今のメッセージ交換は以下の流れです。

①A → B
②A ← B

 

Aが意中のBにアプローチしてもBに正しく意図を伝えるのは困難です。

そこでAのバックに、AがBに送る文章を考えるプロを置きます。
Aはプロから文章を受け取ったら、コピペしてBに送ります。
BがAに送った文章はプロにコピペして送り、返信を考えAに返します。
これならBから見るとAとしっかりやり取りしているように見えます。

①プロ → A → B
②プロ ← A ← B

 

プロはナンパ師やホストが片手間の副業でやるのがベストだと思う。
報酬は1メッセージ100円 or 成功報酬1万円というのはどうだろう。
支払いはLINE PayでOK。

 

直接顔を見てコミュニケーションしよう

もうメッセージ交換疲れませんでしたか?
全く意図が伝わらない。
言語コミュニケーションを繰り返しても心のつながりはできません。
だから心が満たされず、心の隙間を埋めるサービスばかり出てくる。

しっかり顔を見てコミュニケーションをすれば心は伝わるはずです。
人間は数万年間そうして生きてきたのだから。

コメントを残す




関連記事

出会い系アプリMatchbookで出会った24歳美女(サクラ)とLINEが始まりました
出会い系アプリMatchbookの24歳美女(サクラ)と電話するはずが…まさか展開に!
中央線沿線(新宿→八王子)を歩いてきた
出会い系アプリMatchbookで知り合った24歳美女がどうみてもサクラな件
話題のマッチングアプリ「pairs」はじめました
【アイデア放出】 レンタルビデオ店を映画館のロビーのようにしよう
安い!早い!うまい!汚い!男のためのお店「亀戸餃子」が素晴らしかった
【400km】名古屋→東京を中央線・普通列車だけを乗り継いで帰ってきた
さわやかな朝のひととき・・モリバコーヒーのモーニングでご満悦
Matchbookで「いいね」の絨毯爆撃から1週間。出会える確率は〇〇%!!
新宿で出会った天涯孤独の不幸女に、お金をせびられそうになった話
退会前に・・Matchbookで307人に「いいね」の絨毯爆撃してみた
その距離35km!所要時間は〇〇分!徒歩で山手線一周してきました!!
【婚活体験②】パーティ会場に到着!が、来ていた男どもに絶句(‘_’)
出会い系アプリMatchbookで出会った28歳美女がまたサクラな件(ノД`)

Menu

HOME

TOP