【婚活体験②】パーティ会場に到着!が、来ていた男どもに絶句(‘_’)

突然呼ばれた婚活パーティの用意は万全だ。さぁゆかん彼の地へ!!

(前記事:【婚活体験①】突如呼ばれた婚活パーティ。 ならばここまで準備しろ!

 

。。

。。。

最寄り駅に到着。

降りると、募金をしているのを発見。

プラスマインドを高めるため、100円を入れていく。

 

そして10分ほど歩いたところにある、会場となるホテルに到着した。

ちなみに17:00開始なのだが、男性の集合時間は16:30となっている。

「プロフィールカードの記入や説明のため早めに集合してください」と、ホームページに記載してあった。

ホテル到着は16:10なので調度良いだろう。

 

入り口のイベント掲示板には4Fと書いてあったので、エレベーターへ。

エレベータを降りると受付が見えた。

よく見ると4ヶ月前にLINEを交換した、今回主催の男性がいた。

顔をすっかり忘れていたが、見た瞬間思い出した。そうだそうだこういう人だった。

 

受付が終わると用紙を挟んだバインダーと首から下げるストラップ(数字が記入してある)が渡された。

そんで写真撮影に入った。後で使うらしい。

 

そして会場へ。

今回の会場はホテルなので、それに見合ったちょっとゴージャスなパーティスペースのようだ。

そこに丸テーブルが5つ。テーブルの真中にはA~Eの札があった。

すでに2人の男性がいた。

私服で・・

ちなみに女性は別室に集まっているらしい。

 

指示されていたテーブルに着席すると、すでに1人男性がいた。

年齢は40過ぎで気は弱そうだが、優しいタイプに見えた。

とりあえず話しかけた。

やはり優しい雰囲気で、余裕はないが安心できる感じの人だった。

どうやら連敗中で心が折れそうだとのこと。

それには触れず、自分は今回初参加だと伝えたり、バインダーに入っている用紙の話とかをした。

 

プロフィール用紙を記入する

雑談をそこそこに、バインダーに入っていた紙を確認した。

中にはプロフィール用紙・中間印象用紙・最終結果記入用紙が入っていた。

まずプロフィールカードを記入することにした。記入事項は

  • 氏名
  • 年齢
  • 勤務先の所在地(市・区まで)
  • 自宅の所在地(市・区まで)
  • 職種
  • 趣味
  • 特技
  • 自分の性格
  • 好きなタイプの性格
  • 飲酒するか
  • タバコを吸うか
  • インドアかアウトドアか
  • 肉食か草食か
  • 行ってみたい場所はどこか

となっている。

これを参考に女性とトークをしろということだろう。

これはかなり重要である。

なんの情報もない赤の他人と会話をオープンするのは大変である。しかし相手のプロフィールから1つでも気になるところがあると、自然と会話が始められる。

また誰も知らないマイナーな趣味や特技を書くことも避けたい。相手は気になって説明を求められるだろうが、それを説明しているだけで終わるだろう。知らないことを教えてもらっても、好感を得られない。へぇで終わる可能性が高い。

重要なのは、相手と共感を得られやすい内容を記入することである。

まず最初に見られる氏名欄だが本名の後に(○○)とニックネームを書いておいた。

名前を覚えるのは大変だ。3人以上の名前を一度で覚えるのは相当な労力だ。鈴木・山田・田中が並んだら、誰が誰かわからなくなるだろう。

そういうわけで、覚えやすいニックネームを記入しておいた。

 

その他箇所も会話を広げやすい内容を記入。

特に特技の欄には「目を見ただけで相手の性格が分かる」と書いておいた。

これは過去に受けたセミナーで習得した個性心理学の技である。

女性は占いや診断が大好きらしい。

まず目を見つめる。観察する。傾向に当てはめる。言い当てる。

概ね9割ぐらいは当たるので、相手はその技に興味を持つ。そして女性にとって言い当てられることこそ最大の共感を生む。会話の主導権と方向性を自分が持つことができる。

 

参加者の男性の多くは女性のプロフィールカードから質問をして会話を広げようとするだろうが、これは罠だ。

ぱっと見た女性のプロフィールカードから、即座に共感性を生む内容を発見できるだろうか?それほど多彩な知識があるのか?

プロフィールカードから全く何も連想できない場合何を話すのか?

しかも女性にとって自分のプロフィールカード中心だと、何回も同じ話ばかりすることになるだろう?飽きてくるのでは?それで女性に印象を残せるか?

 

としているうちにぼちぼち人が集まってきて、集合完了時間の16:30を向かえるのであった。

 

パーティの事前説明開始

16:30になると、男性参加者が会場にほぼ集ったようだ。

10人いた。

総員は20人では?と思ったが、それほど集まらなかったのだろう。ふーむ。

 

私を招いてくれた主催が現れた。

そして今回の流れが説明された。

 

1対1トーク → 第一印象によるカップリング → フリートーク → カップリング

 

の流れらしい。

どうやら個別で話す時間は3分程度らしい。

4分と目算していたが更に少ない。

この時間で自分の人格と人間性の全てを相手に伝えられるならば、IT企業の社長に「君は今後も砂糖水を売り続けるのか?それとも我々と世界を変えるのか?」と勧誘される敏腕宣伝マンだけだろう。

そのほか、今回のカップリングのポイント・女性に対する扱い方・マインドセット等、細かなテクニックを教えてくれた。

そうした一生懸命さに好感を持てた。ちゃんと仕事をする人は好き。

この催しは、しっかりした人達により運営されているものだと安心した。

 

と、周りの男を見回してみる。

やっすぽい私服が4人。

私服のようだが、清潔感はなんとか維持できている男が3人。

スマートカジュアルでキめているものが3人(自分含む)

 

なんだかしっかりと準備してきた自分がバカに見えてきた。

これがあなた方の全力なのか?

というかホームページを読んできていないのか?

ライバルはしっかり準備してきているスマートカジュアルの2人。

そのうち1人は服装・清潔感・全体的なスタイルが文句なし。あふてる自信も顔に出ていた。

この男が自分のライバルになるだろうと直感した。

 

17:00になると、さらに3人の男が入場してきた。参加者らしい。

 

私服にメタボとDQN …

 

そもそも16:30集合のはずが、この時間に現れるのはなんのつもりなのか。

室内なのに終始着帽しているし。

遅れてきた3人にスタッフが説明をしていた。大変な仕事だなぁと思った。俺なら「帰れ!」といっちゃいそ。

 

そしてカップリングパーティ開始!

なわけですが此処から先は次回へ!

【婚活体験③】かわいい女の子にDOKIDOKI!!カップリングなるか!?

コメントを残す




関連記事

【400km】名古屋→東京を中央線・普通列車だけを乗り継いで帰ってきた
宗教コワイ。。 知らない間に日蓮正宗の信徒になっていました(*_*;
退会前に・・Matchbookで307人に「いいね」の絨毯爆撃してみた
その距離35km!所要時間は〇〇分!徒歩で山手線一周してきました!!
【アイデア放出】 レンタルビデオ店を映画館のロビーのようにしよう
話題のマッチングアプリ「pairs」はじめました
出会い系アプリMatchbookで出会った28歳美女がまたサクラな件(ノД`)
安い!早い!うまい!汚い!男のためのお店「亀戸餃子」が素晴らしかった
【婚活体験①】突如呼ばれた婚活パーティ。 ならばここまで準備しろ!
【婚活体験③】かわいい女の子にDOKIDOKI!!カップリングなるか!?
出会い系アプリMatchbookで出会った24歳美女(サクラ)とLINEが始まりました
さわやかな朝のひととき・・モリバコーヒーのモーニングでご満悦
Matchbookで「いいね」の絨毯爆撃から1週間。出会える確率は〇〇%!!
中央線沿線(新宿→八王子)を歩いてきた
出会い系アプリMatchbookの24歳美女(サクラ)と電話するはずが…まさか展開に!

Menu

HOME

TOP