与える人と受け取る人。成功者はどちらが多いのか

本日は一日お疲れ様でした。

今日は親切をしましたか?されましたか?

その度合いがあなたの人生を大きく左右するかもしれません。

親切をいっぱいされた方が、得をしてるから成功者かな?

親切ばかりしている人は、自分は何も得をしないから成功はしないかな?

実は偉い人が調べてくれました。

 

20151224_02

「GIVE & TAKE 与える人こそ成功する時代」

本のタイトルには、与える人(親切な人)が成功すると書いてあるみたい。

わざわざアメリカの成功者をたくさん調べたみたいですよ。

はてさてこの本はどんな内容なのかしら。

 

与える?受け取る?


 

人間にはその性質で、3種類に分けられるそうです。

  • ギバー(giver) … 相手の利益になるように動き、受け取る以上に与えようとする 人
  • テイカー(taker)… 与えるより多くをうけとろうとする人
  • マッチャー(matcher)… 与えることと受け取ることのバランスをとろうとする 人

すなわち

  • ギバー →  GIVE  > TAKE
  • テイカー → GIVE  < TAKE
  • マッチャー → GIVE = TAKE

ということです。

なんだかギバーがすごい損してそうですよね。。

だって、与えてばかりで受け取ってないんだし。。

テイカーは嫌なやつそうだけど、成功者はこういうがめついやつが多そうだ。

なんだかんだでマッチャーが一番多そうだね。

となると、ギバーってほんとに成功する人なんかいな???

 

一番成功する「賢いギバー」


 

本書の中には、誰が一番成功するのか序列が付けられています。

1 賢いギバー

2 テイカー

3 マッチャー

4 ただのギバー

ん?ギバーが二つに増えたぞ?

賢い?ただの?

賢いギバーはテイカーに収奪されるのを回避し、「いつ、どこで、どのように、誰に与えるか」を決める

ただのギバーは自分の利益より他社の利益を優先するがあまり、ひたすらテイカーに収奪される

 

テイカーという人たちは、もらって当然、自己実現のためなら他人のことなど気にしない人たちです。

テイカーは常にギバーを探しています。いいカモですからね。

テイカーには与えてもブラックホールのように吸い込んでいきます。返ってきません。

しかしただのギバーは無視無欲なので、与えさえしていれば満足してしまいます。

当然、テイカーにその善意は反故にされ、収奪の対象になるのです。

いい人ってだけではダメってことですな。

 

対して賢いギバーは、誰に与えることが一番適切か考えています。

意味もなく与えることはしません。全体のためにならないと思ったら与えません。

テイカーを瞬時に見抜き、収奪されることを回避します。

 

なんで与えた方がいいの?


 

マッチャーは与えらえると、そのことを覚えています。

そのうち、恩を返そうとタイミングを待ってます。

ギバーが困ったときには、この人の力になりたいと。

ギバーはいつも与えているので、そうしたマッチャーやギバーが周りにたくさんいます。

結果、ギバーは困ったときに頼りになる仲間が多くいるため、成功していくのです。

 

・・・そりゃそうだ。と思った人は日本人です。

日本人の童話には、ギバーが主人公のものが多く、与えることはよいことだと学んできました。

しかし欧米ではテイカーであるように育てられるそうです。

しかし最近成功者の中からギバーが多く現れるになったため、見直されてきているようです。

 

仏の教え「善因善果」


西洋では与えることが成功する秘訣だと「発見」されたようですが、

東洋では数千年前にすでに「発見」されています。

お釈迦様の教えに「善因善果」というものがあります。

これはいい行いをすると、いい結果になって返ってくるというものです。

いい行いの一つは、人に与えることです。

「情けは人の為ならず」

とありますが、「施しは相手のためにするのではなく、そのうち自分に返ってくるから施しをしよう」という意味です。

すでにギバーの本質をお釈迦様は見抜いていたようですね。すげえ!

 

あなたはどの生き方を選択する


 

さてここまできて、あなたはギバー、テイカー、マッチャーを選択しますか?

といっても、これは性格である程度決まってしまう気もします。

しかし、マッチャーの人でも、先に与えればそのうち返ってくると知っていれば、ギバーになれるかもしれません。

ただのギバーの人は、自分が何に対して与えているかを見直してください。

テイカーの人は。。うーむ関わりたくないです。

もちろん私は賢いギバーになりたいです。

でも自分はマッチャーの性質が近いんだよなぁ。。うーむ

 

コメントを残す




Menu

HOME

TOP