資産と負債..その違いを説明できますか?

資産と負債。。。

なんか難しそう。

「あれでしょ?株とかやる人の話でしょ?」

そう、たしかに株は資産ですね。

株、債券、不動産は資産です。

ただし価値が下がるときもあるので、その時は負債です。

なんか難しい。。

でも実は子供でも分かる分かりやすい説明を、ロバートおじさんが教えてくれました。

→→  金持ち父さん貧乏父さん ←←

20151215_02

資産ってなんぞや


資産とは、持っているとお金が増えていくものです。

銀行に預けておけば、利子がつく。

株券を持っていれば、配当金がもらえる。

部屋を貸していれば、家賃収入が得られる。

本を出版していれば、著作権収入を得られる。

アフリエイトサイトを運営しいれば、広告収入を得られる。

これらはすべて資産です。

価値が変動しない通貨も資産です。

お金持ちと言われている人ほど、資産を多く持っています。

資産を多く持っているということは、なにもしなくても多くのお金が入ってくるということです。

だからお金持ちは、どんどんお金持ちになっていきます。

 

負債ってなんぞや


負債とは、持っているとお金が減っていくものです。

部屋を借りていると、家賃がとられます。

家を持っていると、税金・光熱費・通信費がかかります。

車を持っていると、税金・維持費・車検費用等がかかります。

テレビを持っていると、NHK受信料を取られます。

これらはすべて負債です。

持っているだけで、どんどん貧乏人になります。

「ん?家や車にテレビを持ってる人はいっぱいいるけど、立派に生活してるぞ!」

たしかにそうした人は日本にはいっぱいいます。

ただしそうした人は、仕事をしてはいってきた収入の大半が、負債に取られていっているはずです。

収入がなくなった瞬間、生活に困窮するのです。

無職になって、ローンを支払えず、家や車を手放した話は聞くでしょう。

 

負債が資産?


恐ろしいことに、家や車を資産という人が世の中には多くいます。

親です。友人です。

負債を資産と思わせて自分を説得する人達です。

もちろんこの人達には悪意はありません。本気で負債を資産と思っているからです。

でもよくよく考えてみてください。

新築の家は、1歩でも中に足を踏み入れた瞬間、大幅に資産価値を失います。

新車は1cmでもタイヤが動いた瞬間、大幅に価値が下がります。

中古が新品と同じ値段のモノを見たことはないでしょう。

自分が買おうとしているものが資産なのか負債なのかは常に意識しておきましょう。

 

日本円は負債?


3年前は1ドル=80円ぐらいだったのに、いまは1ドル120円です。

日本円はドルと比べると、2/3に価値が下がりました。

負債とは持っていると、お金を失っていくものです。

価値が下がるというのは、お金を失っているのと同じことです。

もしこの先、円の価値が下がり続けるとしたら、日本人は大量の負債を抱えていることになります。

そんなわけで、せっかく働いたお金を失いたくない人は、

外貨預金を検討したほうがいいかもしれません。

コメントを残す




Menu

HOME

TOP